福岡県の「ミュゼ」の口コミ・キャンペーン

北九州のミュゼの口コミ

北九州ミュゼ

ミュゼのVIO脱毛

更新日:

ミュゼのVライン脱毛とは

Vラインとは、一般的にはデリケートゾーンの両サイドのこと、つまり両足の付け根あたりの部位を指します。 昔でいうとビートたけしさんの「コマネチ」の部分になります。
ミュゼプラチナムはVライン脱毛を申し込みされた方に 「Vラインプレート」 を渡して、これを該当部分に当てて、ラインからはみ出た部分の毛を脱毛する対象部分となります。
Vラインの毛はデリケートなうえかなり太い部位なので、自分で自己処理をすると毛のカットの先の部分がささってチクチクしたり、処理のために肌が荒れる原因になります。
サロンでは脱毛の前後にしっかり保湿を行し処理時の抵抗を減らしたりするため、処理時の痛み軽減や肌トラブル防止する効果が期待できます。

Vライン脱毛のメリット

かわいい水着や下着を自由に選べることが一番です。
雑談などで「彼氏と一緒に海にいったら水着の横からムダ毛がはみ出てた」 などといううっかり談を、きっと一度は聞いたことがあると思います。

そんなミスは私は絶対にない、大丈夫・・・と思っていても、Vラインプレートを当てて実際によくみるとみると、水着を着たときなどにはみ出る範囲がよくわかるのですが、思っているよりもかなり広くびっくりするかもしれませんよ。
あなたもVライン脱毛をすることでお気に入りの大胆なデザインの水着・下着にも躊躇(ちゅうちょ)なく挑戦することができるようになりますよ。

ミュゼのお手入れの流れ

お手入れ前の準備

契約時に、事前処理用の「Vラインプレート」と説明書が手渡されます。
これを参考に、脱毛の前日、もしくは当日に、お手入れ箇所の毛を「ご希望の形」に処理してください。その形でのこり、他の部位が脱毛処理されていきます。
(例:逆三角形、細め逆三角形、I型、逆タマゴ型、全処理、スクエア型)

また、処置がうまくいくように前後の日焼けや乾燥・肌荒れには注意してください。
完全に任せてしまうのではなく、最終的には自分の責任の部分が詳細を左右します。

サイトをみても実際の方法などに不明な点がある場合は契約時にかならず相談ください。
脱毛予定の部位にケガやあざ、いれ墨(タトゥ)などがある箇所はお手入れから除外されます。

お手入れ当日

専用のガウンと紙のショーツに着替えてお手入れス処置のスタートとなります。
サロンへ行く時の服装は、どんなものでも構いません。
所要時間は、約20分程度です。

お手入れ後のアフターケア

お手入れ後の「はだ」は大変にデリケートです。ショーツや衣服のこすれ(摩擦)などには十分にご注意ください。 よく気を付けて摩擦が起こらないようにして皮膚の状態を休めれることが一番のおすすめとなります。 触らないのが一番はやく改善する状態となります。

もし何か気になる場合はその部分をかいたり・こすったりせずに、まずは冷たいタオルなどで冷やしてみる事をそすすめします。 冷やすことでかゆみが減ることが多く認められます。でも症状が軽減しない場合は早めの問い合わせが必要です。

■処置をおこなった手入れ当日の激しい運動・飲酒はやめましょう。
■お手入れ当日はシャワーのみで入浴はしないようにしましょう。
■肌の状態を早く改善させるためには、基本的には乾燥を防ぐことがとても大切です。
そのためには具体的には、翌日からていねいにきちんとお肌の保湿を保つと、肌の状態を良い保ちやすいです。
いろんな種類のデリケートゾーンケア製品(美白成分や保湿成分)が販売されています。
自分の肌状態に合った良い適切なお手入れを行ってください。
■手入れ後、肌に異常のある場合、具体的には赤みやなにか肌の違和感などを感じた場合は、サロンへ必ずご相談ください。対応としては早い方がそのあとの結果は必ず良い場合が多いので早くの対応をおすすめします。

・・・・Vラインのお手入れをすると、海水浴やジムのプールも人目が気にならず、気楽に水着になれることと、着たい水着を気にせず着れるようになります。
VIOの脱毛は 「やりたいけど恥ずかしい……」 という声が多い一方で、
やったあとになって「やってよかった」という声が多い箇所でもあります。
VIOの「 I 」「 O」がちょっと・・・と気になっている方は、まずVラインから挑戦してみることをおすすめします。

VIOとは、Vライン(ビキニラインのところ)、Iライン(アイライン:陰部の両側)、Oライン(肛門周辺)のアンダーヘアのことをさします。
この部分の脱毛は一般的に脱毛サロンなどでは 「ハイジニーナ脱毛」 「デリケートゾーン脱毛」 とも呼ばれます。
「Vライン」は、デリケートゾーンの上部を指します。下着やビキニのラインからアンダーヘアがはみ出ないように処理を行います。 ・・・・


ミュゼ

-北九州ミュゼ

Copyright© 北九州のミュゼの口コミ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.